寝室と洗面台の距離は適切に

家族の持ち家に住み始めて20年以上経過しました。私が普段生活している寝室のすぐ横にはトイレと洗面台があります。学生の頃は家族とも生活習慣が同じだったので特に気にならなかったのですが、私が夜勤を始めてからは生活習慣が家族と真逆になりました。私の父はいつも朝の6時頃に起床し、洗面台で歯を磨いてから通勤するのですが、歳を重ねるごとに起床時間が早くなり、かつ煙草を長年吸っている為か洗面台で頻繁に咳をしたりえづいたりします。私の仕事が終わってようやく布団に入るタイミングで洗面台付近が騒々しくなってしまうので、なかなか寝付けません。私の勤務形態だけが特殊で、かつ住ませてもらっている身ではあるので強い言葉は吐けないのですが、木造で壁の薄い我が家では、早朝の仕草や生活音がほぼ家中に響き渡ってしまいます。これも集団生活なのかと諦めてはいますが、もし自分で家を購入するとなれば、木造ではなく鉄筋コンクリート。それが難しければせめて寝室と洗面台の距離は空けておきたいと考えてしまうのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − 5 =